扇風機がもたらした私の夏の思い出


背中位までずっと伸ばしていた髪の毛を短く切ることになりました。
それも、この夏ずっと使っていた扇風機を新しいものと取り替えるため、スイッチを切る際に髪の毛が巻き込まれてしまい、引っ張ったり、ちょっとずつ取ってみようとしても全く取れなかったので、取り敢えず扇風機を外すために、泣く泣く切りました。

いびつになってしまった髪型をなんとかするために美容室に向かうと、いつも髪を切ってくれている担当さんはぐちゃぐちゃになった髪の毛を見てとても驚いていましたが、事情を説明すると、それならばと、短くバッサリ切ってもらいました。
何年も伸ばし続けた髪だったのですが、なくなってみるととても軽くて、暑すぎて扇風機を買ったのに髪の毛がない分涼しく感じるようになりました。

そして久しぶりの同窓会で、SNSを見る度に長いなと思ってたけど、切ったんだね!その方が似合ってるよ、とみんなに褒められたのがなんともむず痒いような、自慢の長い髪の毛が短くなってしまったので少し落ち込んでいましたが、印象が良くなったようでとても嬉しかったです。